なでしこの湯 太山寺までの道のり

2011年12月27日

こんにちは!フロントスタッフの古結ですspaspa

 

昨日は今年一番の寒さでございましたが、皆様風邪などひかれていないでしょうか?

 

本日は、なでしこの湯から太山寺までの道のりをご紹介いたしますsun

 

宿泊者専用駐車場の横の道からスタートです♪太山寺への近道と書かれた看板が見えますね。

 

看板のある曲がり角を左折した後は、緑の生い茂る山を背景に、細い一本道をまっすぐ歩きます。

 

よく見ると、写真の右端に太山寺が確認できますね。

 

 

 

路地をそのまま直進していただきますと、T字路がございますので、今度は右折します。

 

 

ちなみに、写真の中に「保養センター太山寺」と書かれた案内板がございますが、保養センター太山寺というのが

今の『なでしこの湯』でございます。

 

右折していただいた後は、石畳の敷かれた小道を進みます。

 

 

 

 

道に敷かれた石畳が、緑あふれる風景とマッチして、なんとも言えない風情を感じますね。

 

おや?

 

 

 

猫が私を呼んでました。ずっと私に語りかけるように鳴いていますが、何か伝えたいことがあるのでしょうか?

 

おや?歩いて行っちゃったぞ?どこに向かうのかな?

 

 

 

建物の中に入っていってしまいましたね、何の建物なのでしょう?民家かな?

 

 

 

どうやらここは成就院といって、太山寺の塔頭(たっちゅう)の一つみたいですね。

 

写真からも見える庭園は、江戸時代後期(1800年代前半)に作られたものみたいです。

 

案内板には、枯池を中心とした枯山水様式の庭園と書かれています。

 

枯山水といえば、京都・竜安寺の石庭が有名ですが、こちらも一度拝見してみたいですね。

 

猫さんは、ここのことを教えてくれようとしてくれたのかな?

 

 

 

小道をずっと進んでいただきますと、Y字路が見えてまいりますので、左側に曲がります。

 

すると

 

 

すぐそこに太山寺が見えてまいります!

 

 

門の赤さと緑の木々が、何とも言えないコントラストを演出しております。

 

今回のご案内は門の前までとなりますが、皆様もぜひ一度、国宝・太山寺をご覧になってはいかがでしょうか?

 

 

なでしこの湯 宿泊フロント 古結

 

 


コメントは受け付けていません。