なでしこの湯 正月のお料理

2012年1月1日

今日はspaspa

 

お昼になって太山寺も人手で賑わっていました。


参拝の後はなでしこの湯で温まって下さいね。

足湯に浸かるの気持ちが良いですよ。
お腹が空けばレストラン「なでしこ亭」で食事をして下さい。

お正月スペシャル サーロインステーキ定食をご用意しています。
特別価格の980円でご提供させて頂いています。
売切り御免ですので予めご了承下さいませ。

 

 

ご宿泊のお客様には、お正月料理の「新春会席」をご用意しています。
料理長の渾身のメニューです。

 


2012年 初詣

2012年1月1日

お早うございますspaspa

 

穏やかな元旦の朝ですね。

 

昨年は色々とお世話になり有難う御座いました。
今年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、昨年申し上げていました「太山寺」への初詣。
行って参りました。

 

長閑でいい感じのお寺ですね :-P
ご利益もいっぱい頂けそうです。
でも欲張りは駄目ですね!

 

 

三重塔や鐘つき堂、そしてなんと渓谷の風景も有り
心が安らぎました。
今年は何かいい1年になりそうです。

 



 

お土産に梅飴を買っちゃいました。
梅が気合を入れてくれます。
頑張り気分を後押ししてくれます。

 

駐車場もありました。
なでしこの湯へ来られたら
太山寺へご参拝下さい。
きっと良い思い出になりますよspa

 

 

 


なでしこの湯 2012年 明けましておめでとう御座います!

2012年1月1日

2012年 明けましておめでとう御座いますspaspa

 

1月1日 元旦。

今年も1年、「なでしこの湯」へのご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

 

私たち「なでしこの湯」スタッフは

お客様のために、従業員のために、そして社会のために、
私たちができることは何なのかを真剣に追及し考え、
それを実行・実現することに大きな喜びを感じ成長して行きます。
それが私たちのミッション(使命)です。

頑張りますので応援して下さいねheart04heart04

 

支配人代理

 

ユーチューブはすごいですね。

2012年ダイヤモンド富士がアップロードされていました。

 

 


なでしこの湯 正月を迎えるにあたって

2011年12月31日

お早うございますspaspa

 

今朝も少し寒いですね。
神戸地方の気温は最高が8℃、最低が3℃、晴時々曇 。

 

本日は大晦日です。
門松の準備も出来ました。

 

 

明日は出社前に太山寺へお参りに行って来ます。
天気が芳しくないかも知れません。
初日の出は厳しいかも知れませんね。

 

平成24年は笑いの1年にと思っています。
笑う門には福来るです。
手元に有ったもので写真にしてみました。
皆様にも福が来ますようにお祈りして来ますね。
招き猫は光に反応して首を振ってくれる優れものです。
次回は動画ご案内させて頂きますね。

 

 

余談ですが30日はお休みを頂きました。
午前中1時間だけなでしこの湯へ行き、
帰りに魚と日本酒を求め明石の「魚の棚」へ参りました。
すごい人盛りで歩くにも一苦労です。

 

 

鯛と日本酒「獺祭」と三重県の新酒「八兵衛」を買いました。
鯛はお店の方に3枚卸にして頂き、
半身は皮をバーナーで炙り皮ごとお刺身。
残りの1枚は「昆布〆」にしました。
お頭とアラはかぶと煮で頂きました。
めでたい美味しい一日でした。

 

鯛の昆布〆

 

 

この1年「なでしこの湯」をごひいき頂きまして誠に有難う御座いました。

平成24年度もどうか変わりなく

「なでしこの湯」をご愛顧下さいます様お願い申し上げます。

 

どうぞ良いお年をお迎えくださいませspaspa

 

<なでしこの湯 支配人代理>

 

 


なでしこの湯 なでしこかわら版創刊

2011年12月30日

こんにちは、宿泊フロントの古結です。

予告しておりました通り、本日30日、なでしこかわら版の第一号を発行いたしました!

 

館内のいたるところに配置しています

 

例えば、レストランなでしこ亭のお座敷のこんなところに

 

 

お料理を待っている間のスキマ時間にお読みになることができます。

 

また、宿泊棟のこんなところや

 

 

 

こんなところにも!

 

 

 

ぜひ一度手にとってご覧になってください。

記念すべき第一回目は、12月23日から29日までのなでしこブログから

ダイジェスト版として、2記事厳選して掲載いたしました。

 

また、なでしこかわら版発行までの経緯を記した編集後記も掲載。

 

かわら版発行までの裏話がお読みいただけます。

 

今後も面白い企画を、どんどん開発していきたいと思っております!

 

お客様からのご意見、アドバイスも大歓迎です。

 

今後とも、なでしこかわら版共々、なでしこの湯をよろしくお願いいたします。

 

願わくは、なでしこかわら版が、当館を訪れるお客様のお楽しみのひとつになりますように。

 

 

宿泊フロント 古結

 

 

 

 

 


なでしこの湯 新年の準備

2011年12月30日

お早うございますspaspa

 

今朝は昨日より寒いです。
神戸の気温も、最高7℃、最低2℃。かなりのものですね。
天候は晴時々曇。
昨夜ぱらっと来ましたが雨が少ないですね。
空気が乾燥しています。
いろいろと注意が必要ですね。

 

さて、昨日正月の準備として酒樽をスタッフの池端さんが準備してくれました。
まさに正月という感じです。

 

 

それから、本日は「なでしこの湯 かわら版」第1号が発刊されます。
昨夜、編集長の古結さんが遅くまで編集していました。
さすが編集長だけの事、有りますね。

 

それから「レストラン なでしこ亭」関連の
「のぼり」をなでしこの湯前の道路沿い畑付近に立てさせて頂きました。

畑の所有者様、のぼりの許可を頂きまして誠に有難う御座います。

 

 

レストラン なでしこ亭では、
正月のスペシャルメニューとしまして、牛ステーキをなんと980円でご提供致します。
明日写真撮影を行い元旦のブログでご案内致します。

皆様のご来場をお待ちしております。

<支配人代理>


なでしこの湯 周辺観光

2011年12月29日

お早うございますspaspa

 

神戸の気候は晴後曇 、最高気温は11℃、最低気温は3℃。
ちょっと寒さも和らいだ感じでしょうか?

 

今朝は兵庫県以外のお客様に「なでしこの湯」の周辺観光スポットをご案内させて頂きます。

先日フロントの古結さんが太山寺についてご案内していましたが、
太山寺は神戸市唯一の国宝で御座いまして
その太山寺をご紹介したいのですが
これは古結さんがご案内してくれると思いますのでお楽しみにして下さい。

 

代わりに明石海峡をご案内させて頂きます。
そうです明石海峡大橋です。

全長3,911m、中央支間1,991mで世界最長の吊り橋で、明石海峡大橋の主塔の高さは海面上298.3m。
国内では東京スカイツリー(634.0m ※2012年竣工時の高さ)、東京タワー(332.6m)に次ぎ、
横浜ランドマークタワー(296.3m、海抜は300mで同じ高さとなる)を超える高さの構造物です。

 

 

孫文記念館(移情閣)

この記念館は、中国の革命家・政治家・思想家である孫文(号は中山、又は逸仙、英文名はSun Yat-sen、1866~1925)を顕彰する
日本で唯一の施設で、1984(昭和59)年11月に開設された。
この建物は、もともと神戸で活躍していた中国人実業家・呉錦堂(1855~1926)の別荘「松海別荘」を前身としている。
1915(大正4)年春、その別荘の東側に八角三層の楼閣「移情閣」が建てられ、外観が六角に見えるところから、
地元では長らく「舞子の六角堂」として親しまれてきた。
孫文と「松海別荘」(移情閣))の関わりは、孫文が1913(大正2)年3月14日に来神した際、
神戸の中国人や政・財界有志が開いた歓迎の昼食会の会場になったときに始まる。
その後、1983(昭和58)年11月、兵庫県が「移情閣」を管理していた神戸華僑総会から寄贈をうけ、改修を行った。
1984(昭和59)年11月12日、孫文生誕の日に「孫中山記念館」として
一般公開を開始、1993(平成5)年12月には「兵庫県指定重要文化財」に指定された。
1994(平成6)年3月、明石海峡大橋の建設にともない、いったん解体され、
元の位置から西南方向200メートルの現在地に移転、復原工事が進められ、
2000(平成12)年4月に完成した。
2001(平成13)年11月、移情閣は、文部科学省より国の重要文化財に指定された。
2005(平成17)年10月、孫中山記念館は、「孫文記念館」と改称された。
この記念館には、日本と孫文、神戸と孫文の関わりを中心に、
呉錦堂の生涯や移情閣の変遷などについての詳細な展示が行われている。

<孫文記念館 ホームページより>

 

 

最後にアジュール舞子です。
綺麗な浜辺です。
夏には海水客で賑やかです。

 

 

如何ですか。
2012年は、NHK大河ドラマ「平清盛」が放送されます。
「KOBE de 清盛 2012」
神戸から目が離せませんよnote

神戸でのご宿泊は是非「なでしこの湯」をご利用下さいませ。


なでしこの湯 ブログかわら版

2011年12月28日

お早うございますspaspa

 

今朝は少しだけ寒さも和らいだ感じです。

神戸の最高・最低気温は9℃と4℃だそうです。

天候は晴時々曇。

 

さて、今朝は新しい企画「なでしこの湯 ブログかわら版」についてご案内させて頂きます。

この企画はインターネットをご覧頂けないお客様にも

ブログをご案内させて頂くものです。

具体的にかわら版を毎週1回(金曜日を予定)発行し

温泉棟・宿泊棟の数カ所に配置、及びシャトルバスの座席にも配置させて頂き

ご案内させて頂きます。

 

かわら版はフロントスタッフの古結さんが編集長となり発行を行います。

※モノクロ印刷

年末スペシャルとして第1号を30日(金)を予定しています。

ご期待下さいませ。

 

突然ですが昨年倉敷を訪ねた時に
岡山市内のパン屋さんを訪ねました。

 

 

先ず店の前に有った看板がユニークでした。

 

 

ユニークでしょう。
パンもユニークで計り売り、100グラム320円でした。
6種類で1720円購入!
味は最高です。
中に入っている果実により味が完成されています!

 

 

なでしこの湯でもユニークなイベントを計画し皆様に喜んで頂きたく思います。
館内にはアンケート用紙も御座いますので、面白い企画が御座いましたら
ご意見をお願い致します。spaspa

 


なでしこの湯 太山寺までの道のり

2011年12月27日

こんにちは!フロントスタッフの古結ですspaspa

 

昨日は今年一番の寒さでございましたが、皆様風邪などひかれていないでしょうか?

 

本日は、なでしこの湯から太山寺までの道のりをご紹介いたしますsun

 

宿泊者専用駐車場の横の道からスタートです♪太山寺への近道と書かれた看板が見えますね。

 

看板のある曲がり角を左折した後は、緑の生い茂る山を背景に、細い一本道をまっすぐ歩きます。

 

よく見ると、写真の右端に太山寺が確認できますね。

 

 

 

路地をそのまま直進していただきますと、T字路がございますので、今度は右折します。

 

 

ちなみに、写真の中に「保養センター太山寺」と書かれた案内板がございますが、保養センター太山寺というのが

今の『なでしこの湯』でございます。

 

右折していただいた後は、石畳の敷かれた小道を進みます。

 

 

 

 

道に敷かれた石畳が、緑あふれる風景とマッチして、なんとも言えない風情を感じますね。

 

おや?

 

 

 

猫が私を呼んでました。ずっと私に語りかけるように鳴いていますが、何か伝えたいことがあるのでしょうか?

 

おや?歩いて行っちゃったぞ?どこに向かうのかな?

 

 

 

建物の中に入っていってしまいましたね、何の建物なのでしょう?民家かな?

 

 

 

どうやらここは成就院といって、太山寺の塔頭(たっちゅう)の一つみたいですね。

 

写真からも見える庭園は、江戸時代後期(1800年代前半)に作られたものみたいです。

 

案内板には、枯池を中心とした枯山水様式の庭園と書かれています。

 

枯山水といえば、京都・竜安寺の石庭が有名ですが、こちらも一度拝見してみたいですね。

 

猫さんは、ここのことを教えてくれようとしてくれたのかな?

 

 

 

小道をずっと進んでいただきますと、Y字路が見えてまいりますので、左側に曲がります。

 

すると

 

 

すぐそこに太山寺が見えてまいります!

 

 

門の赤さと緑の木々が、何とも言えないコントラストを演出しております。

 

今回のご案内は門の前までとなりますが、皆様もぜひ一度、国宝・太山寺をご覧になってはいかがでしょうか?

 

 

なでしこの湯 宿泊フロント 古結

 

 


なでしこの湯 施設のご案内

2011年12月27日

お早うございますspaspa

 

今朝も寒いです。 :roll:

神戸の天候は曇時々晴、最高気温7℃、最低気温2℃。
寒いです。

 

さて、いきなりですが今朝はなでしこの湯の施設をご紹介致します。
パソコンで施設写真を目にしました。
思わず我ながらいいなぁ~と思いましたので
手前味噌ですが少し自慢させて頂きます。

 

 

なでしこの湯の顔です。
どうです、なかなかいい感じでしょ。
三宮から30分の処にこんな風情があるしかも良質な温泉が自噴しています。

 

 

「なでしこの湯」は知る人ぞ知る有数の天然ラジウム温泉。
疲労回復・神経痛・冷え性などに効能があるとされています。

敷地内に源泉があり、豊富な湯量も魅力です。
館内の広々とした浴槽に身をゆだねると、

透明の湯が柔らかく包んでくれます。湯上がりはツルツルのお肌に・・・
身体のシンまでホカホカと暖まります。

 

 

温泉棟 滝湯(上)
宿泊棟 温泉(下)
最高の泉質を体験して下さい。

 


新規浴槽で白湯の露天風呂よりも全ての浴槽を源泉で満たすことを第一とし、
既存の浴槽をセパレートする新工法で露天も源泉100%を実現しています。
和の浴槽は奇数日が男性。偶数日が女性の入れ替え制。
目の前に広がる野趣な樹木や、自然の水が流れる水の通りを間近にし、開放的な気分に。

自慢の座敷がついたお部屋です。
非日常を体験して下さい。

 

 

温泉棟には高温サウナ・ミストサウナも有ります。
ミストは低温でもサウナ効果を発揮、十分に発汗できます。
疲れが吹っ飛びますよshine

 

 

如何ですか。
1月は若干お部屋が空いていますので
この機会に「なでしこの湯」へどうぞお越し下さいませ。

最後に料理長自慢の「神戸会席」をご覧ください。
最高に美味しいですよ。