神戸に露天・かけ流し自噴・自家源泉の良質な天然温泉

温度変化で温泉を楽しむ

当館温泉見取り図1

(1)ぬる湯ゾーン 源泉「滝湯」~「橋」 38度

ぬる湯は、副交感神経を活発化させ、じわじわと発汗を促し、体をリラックス状態にもっていきます。
胃腸の働きも活性化させ、食事も美味しくなります。また、免疫細胞が活性化され自然治癒力が高まるという効果もあります。


(2)大浴場ゾーン 源泉 42度

一般的に適温と言われる、42℃以上は、緊張、興奮の「交感神経」が優位に立ち、目が覚めた状態となります。
体温を上げることは、壊れた細胞を修復する能力が高め、免疫力アップ・リフレッシュ効果が望め、長寿の秘訣でもあるそうです。


(3)冷鉱泉ゾーン 源泉掛け流し 24度

冷たい温泉(25℃未満)の湯気吸入こそ、ラジウム温泉が効果的に働きます。(宿泊棟温泉浴槽は密閉度が高くさらに効果的。)
また、熱い温泉、サウナとの入浴を交互に行うことで血行がよくなり、疲労物質他老廃物を排出しやすくなり、疲労回復に効果が現れます。


(4)露天ゾーン 源泉・露天 41度

この温度は医学的に、温浴の安心温度と言われています。
露天は、家のお風呂では難しい、外気浴を実現し、開放感を高め、たくさんの木々や花による森林浴を可能とします。
また、「頭寒足熱」という理想的な健康法となります。


当館温泉見取り図2



宿泊予約

ご宿泊日程がお決まりの方は、下記から検索・ご予約下さい。

■ご宿泊

   から

プランを選んで予約される方はこちら
お手頃価格でお会席料理を楽しみたい「施設で憩う」
蒸気を吸い込むことで体内から効果を発揮する「温泉に浸かる」
ゆったり癒されたいならぜひ「宿泊棟で寛ぐ」
スタッフブログ
なでしこの湯モバイルサイト 携帯やスマートフォンでイベントやプランなどのお得情報が見れる!!
施設案内・ウォーキング観光マップ
季節限定ハモ鍋料理

湯~モアリゾートグループ

採用情報の詳細はこちら
ニューオリエンタルホテル